au サブスクがお得 デメリットとメリットを解説

オススメ度
(4 / 5.0)
エリア・品質
(5 / 5.0)
サポート
(5 / 5.0)
料金
(2 / 5.0)
サービス
(4.5 / 5.0)

通信業界No.2のKDDIが提供するキャリア通信auは、人口カバー率99%で5Gの通信エリアも2024年3月時点で95%と順調にエリア拡大をしています。

auの魅力
  • 全国に約2,200店舗以上あるauショップ
  • チャット、電話、店舗サポート
  • 全国180,000局に及ぶ4G基地局
  • 安定したデータ品質
  • 人気サブスクと合わせてのセットがお得
  • 追加料金なしでスマホのデータをタブレットと共有できる

auの料金プランは使い放題の「使い放題MAX5G/4G」と最大3GBまでの「スマホミニプラン5G/4G」の2種類。

使い放題MAX5G/4Gスマホミニプラン5G/4G
基本料金7,238円3,465円
最大割引適用額4,928円2,178円~4,928円
データ量無制限1GB~3GB

動画視聴やテザリングを多く利用する人は「使い放題MAX 5G/4G」、データ少量の人は「スマホミニプラン」に当てはまります。

しかし、auに限らずキャリアの料金プランは割引が適用されないと割高で、「スマホミニプラン」のような少量プランは割高な料金プランです。

本記事ではauの魅力とデメリット、au以外の代替えプランについてご紹介します。

auのメリット
auのデメリット
  • 安定のKDDI品質
  • 充実したサポート体制
  • 人気のサブスクとセットがお得
  • データ無制限プラン
  • 充実したオプション
  • 高い料金
  • 割引適用外では割高
  • テザリングの上限が30GB

au以外のキャリアはdocomo・au・ソフトバンクどれがいい?スマホキャリア通信会社メリット・デメリットを徹底比較で紹介しています。

\ 他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート /

目次

auについて

auはKDDIが提供する国内シェア率No.2のキャリア通信プランです。

auの特徴
  • バランスが取れた通信品質
  • サブスクとセットがお得
  • 充実したサポート体制
  • データシェアが無料(タブレットとギガをシェアするサービス)

通話料とSMSについて

auの通話料は30秒22円です。

かけ放題オプションも「5分かけ放題」と「かけ放題」が用意されています。

通話料30秒/22円
かけ放題1,870円
5分かけ放題770円
SMS(国内)3.3円/70文字以内

フルサポート対応

auは店舗、電話、チャットサポートと充実したサポート体制が整っいます。

auUQ mobilepovo2.0
店舗サポート店舗店舗店舗
電話サポート電話電話電話
オンラインサポートオンラインオンラインオンライン

auのオンライン専用プランであるpovo2.0はオンラインサポートのみの対応です。

キャリアメール

auは「@au.com」のキャリアメールが基本プラン内に含まれています。

auの通信,プランについて

auの通信プランは、データ使い放題の「使い放題MAX 5G/4G」と少量プランの「スマホミニプラン5G/4G」の2種類。

使い放題MAX5G/4Gスマホミニプラン5G/4G
基本料金7,238円3,465円
最大割引適用額4,928円2,178円~4,928円
データ量無制限1GB~3GB

両プラン共に店舗サポート、電話サポート、オンラインサポートのフルサポートで、キャリアメールなどのオプションが含まれています。

【データ使い放題】使い放題MAX 5G/4G

メリット
デメリット
  • サポートが充実
  • データシェアも30GBまで無料
  • サブスクとのセットがお得
  • 割高な料金帯
  • テザリングが30GBまで
  • 複雑な割引

使い放題MAX」の特徴は無料でギガをiPadなどのタブレットとデータをシェアできる点です。

使い放題MAX 5G/4G
月額料金7,238円
スマートバリュー-1,100円
家族割プラス2回線:-550円3回線:-1,100円
auPAYカード割-110円
最大割引適用5,478円4,928円

NetFlixやDAZNなど人気のサブスクとのセットも充実しており、サブスクとのセットではテザリングが60GBに増量するなどメリットもあります。

使用ギガが2GB未満の月は基本料金から1,650円、自動割引されるため外出しない月は通信費を抑えることができます。

\ 他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート /

スマホミニプラン5G/4G

メリット
デメリット
  • サポートが充実
  • オプションが充実
  • 安定した通信品質
  • 割引が適用しても高い
  • 割引条件が厳しい

スマホミニプランは1GB~4GBで使用したデータ量に応じて料金が段階的に料金が変動していく少量プランです。

1GB2GB3GB4GB
3,465円4,565円5,665円6,215円
家族割3回線以上:-550円
2回線以上:-220円
スマートバリュー-187円
auPAYカード支払い割
最大割引適用額2,178円3,278円4,378円4,928円

4GBを使用すると「使い放題MAX」と同じ4,928円になるなるため、通信量が3GBを超過する場合「使い放題MAX」かauのサブブランドである「UQ mobile」の方がお得です。

スマホミニプランはサポートが必要であるか、家族割の適用条件など割引に影響するなどの理由がない限りオススメできないです。

UQ mobileのミニプラン(4GB)は自宅セット割(auひかり or auでんき)とauPAYカード支払いで月額1,078円で4GBとお得です。

au オプション割引について

auの割引の条件は3つ

  • 家族割プラス
  • auスマートバリュー
  • auPAYカードお支払い割
プラン月額料金家族割プラススマートバリューauPAYカード
お支払い割
使い放題MAX7,238円-550円/2回線
-1,100円/3回線以上
スマホミニプラン1GB3,465円-550円-550円-187円
2GB4,565円
3GB5,665円
4GB6,215円

家族割プラス

家族割プラスは1親等以内の家族であれば別に暮らしていても割引きされるサービスです。

割引額は回線数で割引額が異なり、2回線の場合は-550円、3回線は-1,100円です。

3回線以上-1,100円/回線
2回線-550円/回線

家族割プラスのグループ回線内の家族間は通話無料です。

家族割プラス申請時に血縁関係を証明する書類を提出する必要があります。

auスマートバリュー割

auのスマートバリューはau指定の光回線、WiMAXを契約で最大-1,100円/回線の割引が受けられるサービスです。

使い放題MAX-1,100円/回線
スマホミニプラン-550円/回線

スマートバリュー対象回線

  • auひかり
  • J:COM
  • WiMAX 5G

スマートバリュー対象回線はau公式ページをご確認ください。

au PAYカード割お支払い割

auの料金をauPAYカードでの支払いで最大-187円割引されるサービスです。

スマホミニプラン-187円/回線
使い放題MAX5G/4G-110円/回線

au PAYカードの年会費は無料なのでauの申し込みと合わせて作っておきたいクレジットカードです。

auPAYカードは毎月のスマホ料金の支払い、買い物でのポイント還元率は1%です。

スマホスタートプラン5G/4G

スマホスタートプラン 5G/4Gは、22歳以下のユーザーにとってスマホデビューにコストを抑えられたプランです。

スマホスタートプラン スマホスタートプランライト
ギガ20GB4GB
月額料金4,103円2,453円
au PAY カードお支払い割-187円
スマホスタート1年割-1,188円
1年目月額料金2,728円1,078円

初年度は「スマホスタートプラン」で月額1,188円の割引が受けられ、家族がauを利用している場合、お子さんに初めてスマホを持たせるプランとして最適です。

しかし、2年目以降は料金が割高になるため、UQ mobileやpovo2.0への乗り換えを検討するのも一案です。

\ 他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート /

au オプションサービス

UQモバイルやpovo、やMVNO(格安SIM)にはないauのオプションサービスをご紹介します。

auオプションサービス
  • データシェア
  • ナンバーシェアサービス

データシェア

月額無料
ギガ30GB

データシェアはiPadやタブレット、パソコンとギガを共有するサービスです。

他社ではデータシェアに代わるサービスを利用するには、1,100円程度の料金がかかるのに対しauのデータシェアは無料で利用できます。

データシェアのギガ容量は30GBまでと制限はあるものの、タブレット用にSIMを契約してきた人にとって魅力的なサービスです。

データシェアの注意点
  • データシェアは同一名義人のみ使用が可能。※家族の使用は不可
  • データシェアの使用限度容量は30GBまで
  • ギガが少ないスマホミニプランでの使用はお勧めできません。

ナンバーシェア

月額385円/月

ナンバーシェアはiPhoneの電話番号をApple Watch Cellularモデルと共有するサービスです。

ナンバーシェアを契約したApple Watchを持つことで手元にiPhoenがなくても、Apple Watch単体で通話やLINE、データ通信を伴うにスマホの情報を書き込むことでApple Watch単体でデータ通信、通話をすることができます。

ナンバーシェアのメリット
  • フィットネスやランニングでしてても通知は逃さない
  • 自宅にiPhoneを忘れても通話が出来る
  • iPhoneのバッテリーが切れても通信、通話が出来る
  • 緊急事態時に自動で緊急自動通報を発信する

登山等のアウトドアで緊急事態が発生した時の連絡手段の一つとしても心強いサービスだね!

Apple Watchモバイル通信サービスはキャリアしか提供いていないサービスです。
UQ mobileは対応していません。

使い放題MAX5G/4Gとサブスクのセットがお得

auの使い放題MAXと人気のサブスクをセットはテザリング(データシェア)が増量される特典もば付きます。

サブスクとセットプラン
  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック2
  • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
  • 使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム

使い放題MAX 5G ALL STAR パック2

使い放題MAX 5G ALL STAR パック2は人気のサブスクがセットになったお得なプランで、テザリングとデータシェアが80GBまで増量特典付きです。

データシェアは無料だからiPadやタブレットでNETFLIXやYouTube Premiumが楽しめちゃう。

使い放題MAX 5G ALL STARパック2
月額料金11,187円
auスマートバリュー-1,100円
家族割プラス-1,100円/3回線以上-550円/2回線
au PAY カードお支払い割-110円
割引適用8,877円9,427円

使い放題MAX 5G ALL STAR パック2のサブスクを全て合計すると11,448円で、使い放題MAXと全てのサブスクを合計すると16,428円相当になります。

NETFLIX990円
Apple Music1,080円
YouTube Premium1,280円
TELASA618円
DAZN4,200円
GeForce NOW Powered by au1,980円
ピッコマ700円
Amazon Prime600円
11,448円

16,428円相当のサブスクプランが約半値の8,877円で楽しめます。

お子さんや家族にデータシェアプラスのSIMが挿さったタブレットを渡せば、いつでも人気のサブスクが楽しめます。

「使い放題MAX 5G ALL STAR パック2」に含まれているサブスクリプションを2つ以上契約している場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

\ 他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート /

使い放題MAX 5G with Amazonプライム

使い放題MAX 5G with AmazonプライムAmazonプライムTELASAがセットになったサブスクとのセット。

使い放題MAX 5G with Amazonプライムに加入すると通常30GBまでのテザリングデータシェアが60GBまで利用できます。

使い放題MAX 5G with Amazonプライム
月額料金8,107円
auスマートバリュー-1,100円
家族割プラス-1,100円/3回線以上-550円/2回線
au PAY カードお支払い割-110円
割引適用5,797円6,347円

テザリングが60GBまで対応(通常の使い放題MAX5Gは、30GBまで

TELASA618円
Amazon Prime600円
1,218円

通常6,146円の組み合わせが5,797円で利用できます(最大割引適用)

テザリング増量で、セット価格以上の価値があります

使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)

auのサブスクパックでも人気が高い使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)

NETFLEX(ベーシックプラン)他にTELASAとAmazon Primeがセットになって6,127円で利用できます。

使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
月額料金8,437円
auスマートバリュー-1,100円
家族割プラス-1,100円/3回線以上-550円/2回線
au PAY カードお支払い割-110円
割引適用6,127円6,677円

テザリングが60GBまで増量(通常の使い放題MAX5Gは、30GBまで

NETFLEX990円
TELASA618円
Amazon Prime600円
2,208円

通常7,136円のセットが6,127円で利用できます(最大割引適用)

使い放題MAX 5G/4G DAZNパック

使い放題MAX 5G/4G DAZNパックは実質2,970円でDAZNが利用できます。

DAZNパック加入でテザリングが60GBまで増量特典もつきます。(通常の使い放題MAX5Gは、30GBまで

使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
月額料金10,208円
auスマートバリュー-1,100円
家族割プラス-1,100円/3回線以上-550円/2回線
au PAY カードお支払い割-110円
割引適用7,898円8,448円

通常10,208円のセットが7,898円で利用できます(最大割引適用)

使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック

使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパックはFODやTELASAなど、テレビ局のサブスクがセットになったパックです。

使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパックに加入でテザリングデータシェアが合計70GBまで増量される特典付き。

使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック
月額料金9,108円
auスマートバリュー-1,100円
家族割プラス-1,100円/3回線以上-550円/2回線
au PAY カードお支払い割-110円
割引適用6,798円7,348円

使い放題MAX 5G ドラマ・バラエティパックのサブスクを全て合計すると11,448円で、使い放題MAXと全てのサブスクを合計すると16,428円相当になります。

TELASA618円
FOD PREMIUM976円
U-NEXT1,017円
2,611円

通常、使い放題MAX5Gと合わせると7,539円のセットが6,798円で利用できるパックです。

家族で楽しめるサブスクセットです。

auのメリット

docomoココがおすすめ

  • データシェアが追加料金なしでテザリングと合わせて30GBまで通信が可能
  • 全国2,200店舗以上あるauショップ
  • 人気のサブスクとのセットがお得

テザリング・データシェアが無料

テザリングについてはau、docomo、ソフトバンクは無料。

docomoについてはテザリングは無制限。

au、SoftBankは30GBまでの制限があります。

auのテザリングについてはNETFLIXやDAZNなどのサブスクスセットプランを申し込むことでテザリングの上限が30GB → 60GB/80GBに増量。

SIMが挿入できるタブレットがあれば無料でauのスマホデータプランとデータを共有が可能。

ドコモ、ソフトバンクについてはスマホのデータシェアについてはデバイス1台につき1,100円になります。

iPadやタブレットを単体で通信させたいならauのデータ使い放題とデータシェアの組み合わせがお得になります。

全国2,200店舗以上あるauショップ

国内、探せばどこの街でも目にするauショップ。

地元はもちろん旅先や出張先でスマホのトラブルもauを契約していれば全国のauショップで対応してくれます。

TIGER

旅先でスマホの電源が入らなくなるトラブルが発生。

最寄りのスマホショップに駆け込み代替え機を借り修理へ。

修理が完了したらスマホは郵送で自宅に、代替え機は郵送で返送しました。

auやキャリアの強みとしてスマホが故障した時に店舗に持ち込めば最悪代替えきでダウンタイム(スマホを使用できない時間)は最小限で済みます。

ahamoやLINEMO、povo、MVNOでは壊れたら代替え機等の手配もできなく自分で修理手配。

安心してスマホを使いたいなら全国に多くの店舗があるauは、安心ですね。

人気のサブスクとのセットがお得

サブスクとのセットについてご紹介したauのサブスク。

2022年2月22日より月額料金を1,925円から3,000円に値上げを発表したDAZN。

au利用者向けに提供していたau DAZNも1,925円から3,000円に値上げ。

auは独自サービスとして使い放題MAX5G/4G DAZNパックを発表。

料金については通常料金8,338円

「家族割プラス(3人以上)」「auスマートバリュー」「au PAYカードお支払い割」適用で6,028円で実質1,100円でDAZNを楽しむ事ができます。

常時データ通信接続しているDAZNと使い放題MAX5G/4Gの相性は抜群。

スポーツ好きにはauはオススメな通信会社。

auのデメリット

auの通信品質は3大キャリアと比較しても、バランスが取れて都心や山間部と快適に利用できます。

しかし、auははサブスクやオプションと組み合わせることでお得感が感じられます。

auのデメリットについてご紹介します。

auのデメリット
  • オンライン申し込みでも初期費用が発生する
  • auショップがUQ mobile スポットと併設しているため混み合う
  • オプション割ありきの価格設定
  • データシェアを使わない
  • サブスクを使用しない

auオンラインショップでも3,850円の手数料が発生する

auはオンラインショップ、店舗の申し込みを問わず3,850円の事務管理手数料が発生します。

オンライン申し込みで手数料が発生するのは珍しく、短期解約やキャンペーン目的での申し込みに対する抑止だと考えられます。

他社からSIMのみの申し込み、10,000円相当のauPAY残高が還元されるので、キャンペーンを利用して初期費用を抑えましょう。

auショップがUQモバイルと併設

auショップではauの他にUQモバイルも合わせて申し込み、サポートに対応。

auとUQモバイルのサポート対応のため店舗docomoしか扱っていないdocomoショップよりも混み合います。

ソフトバンクについてもY!mobile利用者と合わせての対応。

高い月額料金を支払ってサブブランドと同じ対応では不満を感じますよね。

auショップへ行く予定があるなら事前に来店予約すればスムーズに待ち時間なしに対応してもらう事ができます。

セット割を前提とした料金プランで割高

キャリアの通信プランは家族割、ひかり回線割ありきの価格設定。

1人で契約、スマホの使い放題MAXだけで利用する人もいらっしゃいます。

auに限ったことではありませんが自宅や外出先でもスマホのデータ通信のみでコスパが良いプランを用意して貰いたいところです。

\他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート/

au 公式サイトはこちら

※サブスクとの組み合わせがお得

データシェアを利用しない

auのメリットの一つ追加料金なしでタブレット通信ができるデータシェア。

docomo、ソフトバンクで同等のサービスを利用する場合、月額1,100円。

auは使い放題MAX5G/4Gに加入していれば子機のデータ通信が30GBまで可能。

タブレットのためにスマホとは別にデータ通信契約をしているならauの使い放題MAX5G/4Gがお得。

乗り換えサポート

他社からauに乗り換え、新規契約でスマホ購入の割引サービスが用意されています。

au乗り換え・新規特典

  • 他社からの乗り換え:22,000円割引
  • 新規契約(22歳以下):22,000円割引※)
  • 新規契約:11,000円割引

※au Online Shopで購入完了した場合11,000円(税込)割引となりますが、最大10,000円相当(不課税)au PAY残高還元の「au Online Shop U22新規ご契約特典」と併用可能

\他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート/

au 公式サイトはこちら

※スマホ下取り最大64,350円

MNPの注意事項

MNPココに注意

スマホをそのままauで使うならSIMロックの確認

MNP予約番号の有効期限の確認

他社から乗り換えで同じスマホを使うならSIMロック解除の確認を

他社の通信会社からauへ乗り換えを検討している際、スマホをそのままdocomoで使用する場合、SIMロックの確認が必要になります。

SIMロック有無については購入時期や購入ルートで変わりますがdocomo、SoftBank、UQmobile、Y!mobileから購入したスマホはSIMロックがかかっている可能性が考えられます。

SIMロックの有無は契約通信会社のマイページやサポートセンターで確認することができます。

※解約後にSIMロック解除手続きをする場合、有料になるケースが必要なので他社への乗り換え前にはSIMロック解除は必須。

参考

Apple Storeから直接購入したiPhoneはSIMフリー。

そのままauでも使えます

MNP予約番号の残日数に注意

今使っている電話番号をそのまま、他社からauへ引き継ぐ際に『MNP予約番号』の発行が必要になります。

MNP予約番号の有効期間が発行されてから15日間。

MNP予約番号が発行されて15日超過するとMNP予約番号は失効。

再度、MNP予約番号の取得が必要になります。

通信会社によっては、有効期限12日以上のMNP予約番号が必要などの制限はありますがauは、1日でもMNP予約番号の有効期間があれば乗り換えは可能。

理想は他社からMNP番号を取得してそのままauオンラインでauの契約がオススメです。

申し込みはauオンラインがオススメ

auへの新規申込、MNP手続きはauオンラインがオススメ。

auオンラインがオススメな理由

  • 事務手数料が無料
  • 待ち時間なし

待ち時間なし移動時間なしで申し込みが可能

auショップではスマホで来店予約も可能。

auショップ店舗検索

来店予約を使用としても希望の日時に予約が入れられないケースもあります。

auショップでスタッフとのやり取りの中で不要なサービスを勧められて断りづらいこともあります。

auオンラインショップでの手続きであれば事務手数料なしでゆっくり手続きする事ができます。

不明な点があればauのオンランチャットや電話サポートに問い合わせれば申し込みのサポートをしてくれます。

auショップへの来店予約もあるけどオンラインであれば移動時間も待ち時間もなくプランやスマホをゆっくり選べます。

auの解約・auから他社への乗り換えにいて

2022年現在auの解約・auから他社へ乗り換えで発生する手数料は0円。

au解約方法

  • 電話オペレーター
  • オンラインマイページ
  • auショップ

僕も以前にauを解約した時には電話オペレータで手続きを行いました。

au以外の多くの通信会社も解約違約金・MNP転出手数料は無料。

他社からauへの乗り換えも手数料無料で気軽に乗り換える事がができます。

auオンラインショップから申込がオススメ

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリア通信エリア、データ品質については3社ともに変わりはありません。

5G通信エリアについてはau、ソフトバンクが2022年3月末までに人口カバー率90%と発表。

ドコモ55%とau、ソフトバンクから遅れをとっています。

auはサブスクとの組み合わせが良く使い放題MAXとの相性も良くデータ量を気にせずサブスクを視聴する事ができます。

auのプランに契約していれば追加料金なしタブレットが単独通信できるデータシェアプランが無料。

ドコモ、ソフトバンクは月額1,100円。

スマホやタブレットでサブスクを思いっきり楽しみたいならauがオススメです。

docomo、SoftBank、auの比較記事についてはdocomo・au・ソフトバンクどれがいい?スマホキャリア通信会社メリット・デメリットを徹底比較を参考にしてみてください。

\他社から乗り換えでスマホ購入代金最大22,000円サポート/

au 公式サイトはこちら

※スマホ下取り最大64,350円

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次