LINEMO 申し込み手順と必要書類を解説

LINEMOの申し込みはオンラインのみ対応でeSIMの場合、当日にプロファイル(eSIM)が発行されて即日から利用できます。

本記事ではLINEMOの申し込み方法と必要書類など申し込みをスムーズに行うための情報を紹介します。

LINEMOで必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカード or 銀行口座
  • SIMフリーのスマホ
  • MNP予約番号(一部通信プランでは必要なし)

必要書類が揃っていれば10分〜15分程度完了します。

\ ミニプラン・LINEギガフリーだから実質3GB以上 /

目次

LINEMO 申し込み 事前準備

LINEMOへ申し込む前の事前準備について解説します。

LINEMOで必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカード or 銀行口座
  • MNP予約番号(一部通信プランでは必要なし)
  • SIMフリーのスマホ

本人確認書類

LINEMOの申し込みの時に本人確認書類をスマホのカメラで撮影して送信します。

LINEMO対応必要書類について解説します。

LINEMO 対応書類
  • 運転免許書
  • マイナンバーカード
  • パスポート※
  • 住民基本台帳カード + 補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳

※2020年2月4日以降に発行されたパスポートは補助書類が必要です。

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 公共料金領収書

クレジットカード or 銀行口座

LINEMOはクレジットカード or 銀行口座のみの対応です。

デビットカードにも対応していますが「J-Debit」は未対応です。

PayPay残高からLINEMOの支払いに利用できます。
PayPayからLINEMOの支払いを設定する場合には「LINEMOとPayPayアプリの連携」が必要です。

他社から乗り換える場合はMNP予約番号

今使っている電話番号をLINEMOで使用する場合MNP予約番号が必要です。

一部の通信会社からLINEMOへの乗り換えはMNP予約番号の発行が不要のMNPワンストップに対応しています。

MNPワンストップ対応通信プラン
  • ドコモ
  • ahamo
  • au
  • povo
  • UQモバイル
  • ソフトバンク
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • 日本通信

MNPワンストップ対応の通信会社から申し込みの場合、LINEMOの申し込み途中に現在契約している通信会社のマイページにリンクし乗り換え手続きを行います。

MNP予約番号が必要な通信会社は主にMVNO(格安SIM)になります。

MNP予約番号発行まで1日〜かかる通信会社もあるので余裕を持って手続きを行いましょう。

SMSにMNP予約番号が届きます。

SIMフリーのスマホ

LINEMOではスマホを用意する必要があります。

今まで使っていたスマホを利用する場合、SIMロックが解除されているかを確認する必要があります。

2021年9月30日以前に購入したスマホは、SIMロックがかかっている可能性があります。

2021年9月30日以前にキャリアから購入したスマホは、SIMロックがかかっている可能性が考えられます。

キャリア購入したスマホは通信会社のマイページから「SIMロックの有無」を確認できます。

スマホを購入したキャリアを解約した場合、SIMロックの解除に手数料が発生するケースがあります。

AppleやAmazon、メーカーで購入したスマホはSIMロックが解除されています。

これからスマホを購入する人はSIMロックについては気にしなくて良いよ。

\ ミニプラン・LINEギガフリーだから実質3GB以上 /

LINEMO申し込み手順

LINEMOの申し込み手順について解説します。

STEP
LINEMO公式サイト

LINEMOにアクセスして「今すぐ申し込み」を選択。

STEP
申し込み種類を選択

今使っている電話番号」or「新しい電話番号」での申し込み方法を選択。

乗り換えの場合、現在使用している通信プランを選びます。

STEP
SIMとプラン、オプションを選択
  • 【eSIM】+【SIMカード】の選択
  • 【スマホプラン 20GB2,728円】【ミニプラン 3GB/990円】
  • 通話オプションを選択 

MNPワンストップに対応している通信プランを選択してMNP予約番号を「知らない・持っていない」を選択すると現在契約している通信会社のマイページにリンクします。

STEP
契約者情報を入力

契約情報を入力します。

契約者情報
  • MNP予約番号
  • 氏名(カナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス(今後連絡が取れるアドレス)
  • 連絡が取れる電話番号(LINEMOに契約する電話番号でもOK)
  • 住所
  • 利用者
  • ネットワーク暗証番号(LINEMOの手続きで必須)
  • 支払い方法(クレジットカード or 口座振替)

必要事項を入力して「ワンタイムパスワードを受け取る」を選択すると登録したメールアドレスに「ワンタイムパスワード」が送られてきます。

ワンタイムパスワード入力して認証完了

STEP
本人確認書類をアップロード

本人確認書類をアップロードします。

偽装防止に「正面」「斜め」「裏」から撮影します。

証明写真撮影後に契約者の顔写真を撮影します。

STEP
申し込み完了

重要事項説明書を確認して申し込み完了です。

\ ミニプラン・LINEギガフリーだから実質3GB以上 /

LINEMO 申し込み時間

LINEMOの申し込み時間は365日受付しています。

審査完了時間eSIMSIMカード
15:00~即日当日発送
〜15:00翌日翌々日

ただし年末年始についてはLINEMO営業カレンダーに準ずる

eSIMは申し込み完了から1時間程度で発行されました。

LINEMO 開通方法について

LINEMOの申し込みが完了してからSIMが届くまで、eSIMの場合は最短で当日、SIMカードは翌日に宅配便でが発行されます。

eSIMは登録したメールにプロファイルのダウンロードについて案内のメールが送られてきます。

eSIMは審査通過後、すぐにSIMのプロファイル(SIM情報)のダウンロードができ、すぐに開通作業を行うことができます。

開通環境
  • 開通受付時間:9:00~22:30
  • Wi-Fi環境(eSIMの場合)
  • スマホがSIMロックが解除されている事を確認
  • 10MB以上の空き領域
  • 25%以上のバッテリー残量

\ ミニプラン・LINEギガフリーだから実質3GB以上 /

LINEMO eSIM開通方法

LINEMOの審査完了して審査に通過すると申し込みの時に登録したメールアドレスにeSIM情報が送られきます。

STEP
プロファイルのダウンロード

LINEMOの受付が完了するとプロファイルのダウンロード案内のメールが送られてきます。

記載されているURLを選択するとLINEMO かんたんeSIM開通アプリのダウンロードされeSIMの設定が開始されます。

STEP
アプリの手順に沿ってダウンロードを進めていきます。
STEP
書き込みが完了

書き込み完了後スマホを再起動して正常に動作するか確認します。

もし書き込みに失敗した場合、LINEのLINEMOのオンラインサポートにお問い合わせください。

eSIMの書き込みはWi-Fi環境が必要です。

SIMカード開通方法

SIMカードが送られてきたらSIMカードを入れ替える前に回線切り替えを行います。

回線切り替え後は以前に使用していた通信プランは使用できなくなります。

STEP
回線切り替えを行う

SIMが届いたらSIMカードと同梱されている小冊子の指示通り、回線切り替えを行います。

回線切り替え後は利用中の通信会社の電波は停止して自動解約になります。

STEP
SIMカードを挿入

SIMカードをスマホに挿入します。

SIMカード挿入後に「圏外」の場合、スマホの再起動をしてください。

STEP
APN設定

キャリアで購入したスマホやY!mobile・SoftBankからのプラン変更の場合、APNの設定が必要です。

  • LINEMOのAPN設定にアクセスしてAPN構成ファイルをダウンロード
  • APN設定をインストールして設定完了

iOSは基本的にAPN設定なしで開通します。

スマホを再起動して電波と通信・通話の動作確認して完了

LINEMO 乗り換えのタイミングについて

SIMが届いてから6日の20:30までに開通作業を行わないと、7日目にLINEMO側で自動開通が行われます。

多くの通信会社は解約月は満額の月額料金が発生するため、開通月が日割りになるLINEMOに切り替えるタイミングは月末の方が負担が少なく済みます。

月末になってトラブルで開通できないことも考えて、余裕を持って月末から2〜3日前に開通することをおすすめします。

ソフトバンク・Y!mobileからLINEMOへ即日乗り換えについて

ソフトバンク・Y!mobileに申し込んだ日にLINEMOへの変更は可能です。

総務省は通信会社の短期解約による契約拒否は違法と公表しています。

ただし、ソフトバンクに乗り換えて、即LINEMO乗り換えて違う通信プランに乗り換えた場合ソフトバンク系の通信プランに要注意人物として名前が残る可能性があります。

スマホ端末割引を利用して他社からSoftBankに乗り換えてLINEMOへの乗り換えは問題ないと考えます。

「LINEMO申し込み」について よくある質問

「LINEMOの申し込み」についてよくある質問をご紹介します。

LINEMOの契約は誰でもできますか?

LINEMOの契約は18歳以上の個人が対象です。法人のお客様は契約できません。

LINEMOでスマートフォンの購入はできますか?

LINEMOではスマートフォンの販売は行っておらず、契約前に自身でスマートフォンを用意する必要があります​。

手続きに必要な事務手数料について教えてください。

新規契約、MNP、ソフトバンクやワイモバイルからの移行など、各種手続きに手数料は一切かかりません​。

1人何回線まで契約できますか?

1人で5回線まで契約ができます。
ご本人様の主回線、副回線、お子様の回線まで契約する事ができます。

名義変更はできますか?

できます。ただし、請求先のみの変更はできません。

【まとめ】LINEMO 申し込みは簡単

LINEで使用したデータはノーカウントのLINEMOは実質、他の通信プランより多くデータ通信ができます。

他社から乗り換えればエントリーなしで適用される乗り換えキャンペーンシンプルに特典を受けられる点もLINEMOの魅力です。

必要書類を用意していれば15分程度申し込みが完了してeSIMの場合は最短即日、SIMカードでも遅くても翌々日にSIMカードが届いきます。

スマホの利用期間の縛りがなく、初期費用、解約違約金が無料のLINEMOを試してみてはいかでしょうか?

LINEMOの特徴についてはLINEMOの悪い評判を解説 料金プランとメリット・デメリットを紹介で解説しています。

\ ミニプラン・LINEギガフリーだから実質3GB以上 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次