Apple Watchにカバーは本当に必要か?徹底解析

Apple Watchのデザインを楽しみたい方はカバーを取り付けることに抵抗を感じるものの、衝撃による傷を避けたいと考えます。

Apple Watchを使い倒すことを前提にしている方はApple Watchのカバーは不要と考えますが、綺麗に使い方やリセールしたい人にとってはApple Watchのカバーは必需品です。

カバーを取り付けることで衝撃から守るメリットばかり目に行きがちですが、熱の蓄積でバッテリー消耗が激しくなるデメリットも考えられます。

メリット
デメリット
  • 衝撃から守れる
  • デザインを楽しめる
  • リセールが価格が期待できる
  • 熱が蓄積でバッテリー消耗が早い
  • コストがかかる
  • 画面の反応が悪くなる場合がある
  • 汚れが溜まりやすい

下取りやApple Watchを買い替える予定の人はカバーの取り付けをオススメします。

Apple Watchを使い倒すことを前提にしている人も長く使うために、損傷による故障を防ぐためにカバーの使用は推奨します。

本記事ではApple Watchの取り付けるメリットとデメリット、使用用途に合わせたApple Watchのカバーをご紹介します。

目次

Apple Watch カバー 必要か?

「Apple WatchもiPhoneと同様にカバーをつけるべきか」とApple Watchを購入したときに悩む問題です。

Apple Watchにカバーを取り付けることでDigital Crownの操作やタッチパネルの感度が失われこともあり、出来ればカバーを使用せず使いたいところです。

ただし、Apple Watchは常に腕に取り付けていることで机や障害物に辺り傷や画面を損傷させるリスクがあります。

外的損傷からApple Watchを守るためにカバーの利用は有効的です。

Apple Watchにカバーを取り付けるメリットをご紹介します。

画面やフレームを傷や衝撃から保護する

日常生活でアップルウォッチを使用する中で、壁や机にApple Watchがぶつかってしまうリスクは避けられません。

これにより、カバーが傷つくだけでなく、画面が割れてしまう可能性があります。

カバーに傷がついた場合、それは下取り査定の価値を下げる程度ですが、画面が割れた場合の修理費用は約20,000円となり、非常に高額です。

そのため、Apple Watchの価値を維持したいのであれば、カバーの使用は非常に有効です。

実際に、小さな傷がついただけでApple Watchの見た目が大きく損なわれ、全体の印象が大きく変わってしまいます。

Apple Watchの見た目とスタイルをカスタマイズ

Apple Watchのカバーは、衝撃からを保護するだけでなく、個々のスタイルやファッションセンスを表現する手段としても非常に効果的です。

Apple Watchはカラーと「ステンレス」と「アルミニウム」の素材からしかデザインを楽しむことができません。

Apple公式からカバーの販売されていないものの、Amazonや楽天などのECサイトからサードパーティ製のカバーが販売されています。

またApple Watchのデザインを活かし画面だけを保護したい場合、ガラスフィルムも販売されているので好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

個性を際立たせることができるカスタムカバーを選ぶことにより、アップルウォッチを更に魅力的なアクセサリーへと変えることが可能です。

再販価値の維持

Apple Watchのはリセールバリューが高く購入額の半値以上で取引されることも珍しくありません。

高値で販売、下取りを出すときに損傷があると価値が落ちてしまいまうため、外傷から守るためにApple Watchカバーの使用を推奨します。

カバーによって日常の小さな傷や衝撃から守ることができるため、Apple Watchが新品に近い状態を長く保つことができます。

これにより、将来的にデバイスを売る際に、より良い価格で売却することが可能です。

Apple Watchのカバーが不要なケース

Apple Watchの損傷から守るためにカバーを導入を考えられている方でも、Apple Careやモバイル保険への加入でカバーが不要なケースも考えられます。

Apple Watchのカバーが不要なケースについても紹介します。

ステンレススチール、Ultraを選択する

Apple WatchのステンレススチールとUltraで使用されているガラスは、ドリルでも傷がつかないサファイアクリスタルが使用されています。

また、フレームで使用されているステンレススチールもアルミニウム素材に比べて傷は付きにくく、カバーを使わずApple Watchを使用したい人はステンレススチールかUltraを検討してみてはいかがでしょうか。

Apple Watchを使い倒すことを前提

Apple Watchを使い倒すことを前提に使用する場合は、カバーは不要と考えられます。

ガラスを損傷させた場合、20,000円の修理費用が発生するもののリセールを考えなければカバーは不要と考えられます。

Apple Care+に加入している

Apple Care++への加入でいかなる故障でも10,000円程度で正常品と交換してくれるため、カバーを取り付ける必要性は薄いと考えれます。

ただし、Apple Care++は2年の契約期間の縛りがあるため保証期間には注意しましょう。

Apple Watch SEApple Watch 9Apple Watch Ultra2
Apple Care++(2年)6,800円11,800円14,800円
エクスプレス交換9,200円9,200円10,700円

Apple Watchのカバータイプとその特性

アップルウォッチカバーは、使用する環境や個人のスタイルによって選ぶべきタイプが異なります。

Apple Watch カバータイプ
  • 全体保護タイプ
  • フレームタイプ
  • バンド一体型ケース
  • フロントカバー
  • 極薄ケース

私は多くのユーザーが様々なシーンで使用できるように、異なるタイプのカバーの特性を理解して選ぶことが重要だと考えています。それぞれのカバータイプは、保護の程度、デザインの影響、使いやすさに大きな違いをもたらします。

全体保護タイプ


全体保護タイプのApple Watchカバーは、Watch裏のセンサ部以外ケースで保護されており、落下や衝撃、傷からデバイスを保護します。

このタイプのカバーは主に強化ガラスまたは高品質のプラスチックで作られており、クリアな視界と高いタッチスクリーンの感度を維持しながら保護を提供します。

また、防水や防塵機能を備えており、アウトドアや水辺での使用に適していますが、デバイスの機能性を損なうことはありません。

全体保護タイプのApple Watchカバーは熱が蓄積されやすく夏場などバッテリーの消耗が激しくなる傾向があります。
また水場で使用した場合、水気を取るなどのメンテナンスが必要です。

フレームタイプ

Apple Watchのフレームタイプのカバーは、デバイスの側面やエッジを保護することに特化していますが、画面自体は覆いません。

このタイプのカバーは通常、サファイアクリスタルガラスを使用しているチタニウムスチールモデルなどに使用するとApple Watch本体も衝撃から守ることができます。

簡単に取り付けられ、必要に応じて手軽に交換できるので、利用者は自分のスタイルに合わせてカバーを頻繁に変更することができます。

また、このタイプのカバーは背面が開いているため、デバイスの通気性が保たれ、長時間の使用においても過熱を防ぐことができます。

フレームタイプのカバーは、日常生活の軽微な衝撃からApple Watchを守りつつ、スタイルを維持したいと考えるユーザーに適しています。

バンド一体型ケース

Apple Watchのバンド一体型ケースは、カバーとバンドが一体となっており、これ一つで時計全体をスタイリッシュに保護することができる特徴を持っています。

このタイプのケースは、デバイスの保護機能とファッション性を兼ね備えているため、特にファッションを意識するユーザーに人気があります。

バンド一体型ケースは、通常の保護カバーよりも広範囲をカバーするため、日常のさまざまな状況下での使用に適しており、アクティブなライフスタイルを送る人々にも適しています。

フロントカバー


Apple Watchのフロントカバーは、主にデバイスの表面のみを保護するために設計されています。

フロントカバータイプは画面の傷や衝撃から保護する役割を果たし、Apple Watchの側面や背面は覆わないため、デバイス本体のデザインを極力損なわないようにしています。

フロントカバーは透明な強化ガラスやプラスチック製の素材で作られており、高い透明度を保ちながらも優れたタッチ感度を提供します。

このカバータイプの大きな利点は、簡単に取り外しできることがプライベートや仕事などの生活に合わせて気軽にカバーを交換できます。

また、フロントカバーは通常非常に薄いため、デバイスの見た目や使い心地にほとんど影響を与えません。

Apple Watchの機能性や操作性を損なうことなく、画面のみをターゲットとした保護を望むユーザーに最適な選択肢です。

Apple Watch カバーを取り付けるデメリット

Apple Watchのカバーを取り付けることのデメリットも存在します。

操作性への影響

Apple Watchのカバーは素材によって画面の反応が鈍く操作に影響するデメリットあります。

特に画面の反応の悪いApple Watchカバーも流通しているためカバーを取り付けたらタッチパネルの操作が鈍くなったり、誤動作することも考えられます。

また、カバーを覆う縁がタッチパネルに被るとバーコードを読み込まないども読み込まれない可能性もあるので注意が必要です。

購入前に製品のレビューを確認し、操作性を妨げない設計かどうかを検討することが重要です。

デザインの妨げ

Apple Watchのデザインをカバーは、時計の保護を目的としているものの、デバイスのオリジナルデザインを隠してしまうことがあります。

特に、デザインやブランドの特徴を重視するユーザーにとって、カバーがスタイルを損ねる要因となることが少なくありません。

多くのカバーは実用的な機能に焦点を当てているため、見た目の洗練さやエレガントさが犠牲になることがあります。

Apple Watchのデザインを楽しみたい人は画面保護ガラスで画面だけを保護し、Apple Watchのフレーム部を露出しApple Watchのデザインを楽しむことができます。

追加の重量と厚み

Apple Watchのカバーを付けることで、時計本体に追加の重量と厚みが生じ、これが日常の快適性に影響を及ぼすことがあります。

特に、全面保護を提供するような厚みのあるカバーは、耐久性は高いものの、それに伴って重さが増すため、手首への負担を感じることがあるでしょう。

また、カバーが厚いとApple Watchのスリムなデザインが損なわれ、日常的な着け心地が変わってしまう可能性があります。

そのため、カバーを選ぶ際には、デザインと機能性を考慮するとともに、どの程度の重量と厚みが加わるかも検討することが肝要です。

熱の蓄積

Apple Watchのカバーを使用する際、熱の蓄積が問題となることがあります。

特にデバイスを全面的に覆うタイプのカバーは、Apple Watch内部の発熱を外部に逃がすのを阻害することがあります。

このような熱の蓄積は、デバイスのパフォーマンス低下やバッテリー寿命の短縮を引き起こす可能性があるため、カバー選びには注意が必要です。

夏はフロントカバータイプやフレームタイプを選択して熱対策をするなど工夫しましょう。

選ぶべきApple Watchカバーの選び方

Apple Watch カバー選びのポイント
  • カバーのデザイン
  • 操作性
  • 用途

Apple Watchカバーを選ぶ際には、様々なタイプや素材があることを理解し、それぞれの利点と欠点を考慮することが重要です。

ここでは、それぞれのカバーがどのようなライフスタイルや使用環境に適しているかを詳しく解説し、最適な選択を行えるようにします。

カバーの素材とデザインの選び方

シリコン、革、金属など、多種多様な素材から成るApple Watchカバーは、使用状況や個人のスタイルによって異なります。

例えば、アクティブなアウトドア活動には耐久性と柔軟性に優れたシリコンが適している一方で、ビジネスシーンには上品な革製カバーが好まれます。

機能性を重視するカバーの選び方

防水性や耐衝撃性など、特定の機能を重視する場合、それに特化したカバーを選ぶことが推奨されます。

アクティブなライフスタイルを送るユーザーは、特にこれらの特性を持つカバーを選ぶことで、Apple Watchを様々な環境下で安心して使用できます。

Apple Watchカバーのフィット感と快適性

長時間の使用でも快適に過ごせるように、フィット感と着け心地の良いカバーを選ぶことが大切です。

カバーが大きすぎたり、小さすぎたりすると使用感に影響を与えるため、サイズ選びは特に注意が必要です。

価格と品質のバランスを考えた選び方

最後に、カバーの価格と品質のバランスも重要な選択基準です。

予算に合わせて最もコストパフォーマンスの高いカバーを選ぶことが求められますが、あまりにも安価な製品は品質が劣る可能性があるため、評判やレビューを参考にすることが有効です。

Apple Watchカバーの必要性を再考

Apple Watchカバーの必要性について検討する際、保護機能とデザインの両方が重要なポイントです。

日常的にApple Watchを使用する中で、カバーはデバイスを物理的なダメージから保護し、長期的な使用に耐えるための大切な役割を果たします。

また、個々のスタイルに合わせてカバーを選ぶことで、ファッションの一部としても楽しむことができます。

Apple Watch カバー選びのポイント
  • 素材やデザイン
  • 機能性
  • フィット感
  • 価格と品質

適切なカバーを選ぶことで、Apple Watchをより長く、より安全に、そして快適に使い続けることが可能となります。

また、将来的にデバイスを売却する予定がある場合は、カバーが再販価値を維持する助けにもなります。

これらの点から、Apple Watchのカバーは多くのユーザーにとって有益な投資であると言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次