Apple Watch GPSとセルラーモデルの違い どっちがいい?

CellularモデルGPSモデル
通信契約必要
通信会社の通信エリア
通信契約:必要
月額:385円
GPSとしても利用可
通信契約必要なし
スマホのBluetooth範囲
契約必要なし
月額:0円

Apple Watchにはサイズ以外に通信が異なるモデルが発売されてます。

Apple Watchの種類
  • GPSモデル:Apple WatchとiPhoneをBluetooth接続して通信
  • GPS + Cellularモデル:Apple Watch単体で通信できる

Apple Watch GPSモデルはSIM情報を書き込めません。

スクリーンに触らずに、マジックのようにApple Watchを操作する新しい方法。2倍明るいディスプレイ。
目次

Apple Watch GPSとCellularモデルの違い

Apple Watchの【GPSモデル】と【GPS + Cellularモデル】の違いはApple Watch単体で「通信できるか・できないか」の違いです。

GPSモデルでMapやバーコード決済など通信を伴う機能を使用する場合、Wi-Fiや近くにiPhoneがないと利用できません。

CellularモデルGPSモデル
信・通話を逃したくない
フィットネスやスポーツをする
アウトドア好き
iPhoneから離れることがある
常にiPhoneが手元にある
通知機能があれば良い
安く済ませたい
Apple Watch GPSモデルApple Watch Cellularモデル
アルミニウム59,800円〜75,800円〜
ステンレス109,800円〜
WI-FiWi-Fi 4Wi-Fi 4
Bluetooth5.3Bluetooth5.3Bluetooth5.3
LTELTE

Apple Watch CellularモデルはeSIMが搭載されており、通信会社と契約することでApple Watch単体でデータ通信・通話が利用できます。

Cellularモデル GPSモデル 機能の違いとは?

Apple Watch GPSモデルとセルラーモデルは、主に通信方法が異なります。

特に、接続性と使用可能な機能、そして独立性と利便性は重要な考慮点です。

接続性と使用可能な機能

Apple WatchのどちらのモデルもBluetooth接続Wi-Fiをサポートしていますが、セルラーモデルはこれに加えてLTE接続も提供します。

GPSモデルCellularモデル
Wi-FiWi-Fi
BluetoothBluetooth
4G4G
GPSモデル
Bluetooth接続を使用してiPhoneと同期し、Wi-Fiが利用可能な場合は独立してインターネットに接続できます。
これにより、アプリの使用、メッセージの送受信、天気の確認などが可能になります。
セルラーモデル
一方、セルラーモデルのLTE機能は、通信契約を行うことでiPhoneが近くにない場合でも、直接電話をかけたり、テキストメッセージを送受信ができます。
これにより、より多くの場所と状況でApple Watchを使用できるようになり、アクティブなライフスタイルを持つユーザーには特に魅力的です。

Cellularモデル独立性と利便性

Apple Watchセルラーモデルの大きな魅力は、その独立性です。スマートフォン不要で機能するため、ランニングや水泳など、手ぶらで快適に活動したい時に最適です。

セルラーモデルを持っていれば、緊急時にもどこからでも連絡を取ることができ、安心して屋外活動を楽しむことが可能になります。

一方で、GPSモデルはiPhoneとの連携に依存しており、離れた場所での通信やデータアクセスには限界があります。

しかし、日常的な使用や基本的なトラッキング機能で十分な場合、GPSモデルはよりコスト効率が良く、便利な選択肢と言えるでしょう。

このように、Apple Watchの各モデルは独自の接続性と独立性を提供し、ユーザーのライフスタイルや活動に応じた様々な利便性を実現しています。

生活スタイルを考慮して、適したモデルを選択してください。

スクリーンに触らずに、マジックのようにApple Watchを操作する新しい方法。2倍明るいディスプレイ。

Apple WatchのGPSとCellularモデルの見分け方

Apple WatchがデザインでGPSモデルとCellularを判別できます。

「GPSモデル」と「GPS + Cellularモデル」の外装での見分け方はクラウンに縁取りが「あり」か「なし」かです。

  • 縁取りあり:GPS + Cellularモデル
  • 縁取りなし:GPSモデル

価格と月額料金の比較

Apple Watchを選ぶ際、価格は重要な決定要因の一つです。

セルラーモデルを使用する際は、通信契約によって毎月のコストが発生します。

GPSモデルとCellularモデルの販売価格とランニングコストをご紹介します。

GPSモデルCellularモデル
Apple Watch9(45mmモデル)59,800円80,800円
Apple WatchSE(44mm)39,800円47,800円

GPSモデルのコスト

Apple Watch GPSモデルは、端末購入代金のみでランニングコストはかかりません。

端末代金もセルラーモデルに比べて低く設定されており、手にしやすい価格帯になっています。

一度購入すれば、iPhoneとペアリングすることで多くの機能を利用でき、月額のデータプランや追加料金を心配する必要はありません。

これにより、総コストを抑えつつ、健康管理、通知、日々のアクティビティの追跡などの機能を享受できます。予算を重視し、基本的な機能で満足できるユーザーにとって最適な選択肢です。

セルラーモデルのコスト

セルラーモデルの初期費用はGPSモデルよりも高めですが、その分、iPhoneが近くになくても独立して機能する利便性を提供します。

Cellularモデルの大きな違いは、月額料金データプランが必要になることです。

セルラーモデルをフルに活用するには、通信事業者との契約が必要であり、これには追加の月額費用が発生します。

通信事業者サービス名月額料金公式サイト
docomoワンナンバーサービス550円詳細を見る
auナンバーシェア385円詳細を見る
SoftBankApple Watchモバイル
通信サービス
385円詳細を見る
Rakuten最強プラン電話番号シェアサービス550円詳細を見る
irumoワンナンバーサービス550円詳細を見る
ahamoワンナンバーサービス550円詳細を見る

この費用は、提供されるプランやサービスによって異なりますが、独立した通信能力を持つことの利便性と安心感を考慮すると、多くのユーザーにとってその価値は十分にあると言えるでしょう。

常に接続されたい、または屋外でアクティブなライフスタイルを送る方にとって、セルラーモデルはそのコストに見合う価値があります。

総合的に見ると、GPSモデルは予算に敏感なユーザーや基本機能で満足できる方に、セルラーモデルは独立した接続性と便利さを求める方に適しています。

Apple Watch Cellularモデル 契約できる通信プラン

Apple Watch Cellularモデルを通信できるようにするためには、通信会社と契約する必要があります。

Rakuten最強プランahamo、およびirumoなどは、低価格で契約可能な通信プランとして知られており、Apple Watchのオプションサービスを利用しやすいという特徴があります。

Apple Watch セルラーモデル メリットとデメリット

iPhoneの電話番号をアップルウォッチ セルラーモデルに共有するメリット・デメリットは何か?

Apple Watch 機能のメリット

Apple Watch Cellular機能を導入することで着信やSMS・LINE通知を逃すリスクが激減

また、スポーツジムなどiPhoneを手元に置いておけない状況でも通知や着信を逃すことはありません。

手元にiPhoneを置いて置けない人にお勧めする機能です。

Apple Watch セルラー機能のデメリット

Apple Watch Cellular機能を導入するデメリットは2つ。

  • Apple Watchの価格が高い
  • 毎月コストがかかる
Apple Watch9 GPSモデル(45mm)Apple Watch9 Cellularモデル(45mm)
64,800円80,800円

Apple Watchオプション機能はApple Watch GPSモデルでは使えません。

Cellular機能を活用する場合、毎月共有サービスの料金がかかるためコストがかかります。

Apple

Apple Wathc どのモデルがあなたに適しているか?

Apple Watchを選ぶ際、自分のライフスタイルや使用シナリオに最適なモデルを選ぶことが重要です。

ランナー、ビジネスパーソン、または学生であるか、また日常使用、トレーニング、旅行などの活動にどの程度重きを置いているかによって、最適な選択は異なります。

ライフスタイルに基づく選択

ランナーの場合
トレーニング中に電話やメッセージを受けたいが、重いスマートフォンを持ち歩きたくないと考えるかもしれません。この場合、セルラーモデルが理想的です。
一方で、主にジムでのワークアウトや市街地でのランニングを行い、常にスマートフォンを近くに置いているランナーは、GPSモデルで十分かもしれません。
ビジネスマン
会議中や出張中でも通知を受け取りたいというニーズがあります。
セルラーモデルはこのような状況で役立ち、スマートフォンが手元になくても連絡を逃さずに済みます。一方、オフィスや自宅での作業が中心の方であれば、GPSモデルでも十分な機能を提供できるでしょう
学生の場合
予算に敏感であることが多く、コスト効率の良いGPSモデルが適している場合が多いです。
サークルなどでiPhoneを持ち歩かない学生は、セルラーモデルの独立性が重宝するかもしれません。

使用方法を考慮する

日常使用においては、Apple Watchは通知の管理、スケジュールの確認、短い返信の送信など、多くの便利な機能を提供します。

このような基本的な用途であれば、GPSモデルで十分な場合が多いです。

トレーニングに重点を置く
セルラーモデルの独立した通信機能によって、スマートフォンなしでのランニングやサイクリング中にも音楽を聴いたり、緊急時に連絡を取ったりすることができるため、セルラーモデルを選ぶメリットがあります。
旅行好き
旅行を頻繁に行う人には、セルラーモデルが適している可能性があります。
iPhoneをホテルに置いておくだけで、観光中も必要な通知やガイド情報にアクセスできるためです。

自分の日常生活を振り返り、どの機能が最も役立つかを考えながら、最適なApple Watchを選択してください。

Cellularモデル 登山・アウトドア好きにオススメ

登山やアウトドアなど不測の事態の時にApple Watch Cellularモデルがあれば安心です。

遭難で連絡を取りたい時にiPhoneのバッテリー切れやiPhoneから離れた場所でトラブルに遭遇しSOSを呼べないリスクも考えられます。

Apple Watchであれば常に身につけているため、手ぶらの状態でも救助を呼ぶことができます。

また、 Apple Watchには転倒検出機能が搭載されているため崖から落ちたとしても自動で緊急連絡先に通知されます。

登山家が多く利用している人気の通信会社はdocomoです。

Apple Watch 対応キャリアと条件

Apple Watchを選ぶ際、通信キャリアとその条件も重要な考慮事項です。

GPSモデルとCellularモデルでは、キャリアとの関係性が異なり、それぞれが特有の接続性の特徴と条件を持っています。

ここでは、それぞれのモデルがどのようにキャリアに依存し、どのような選択肢が提供されているのかを探ります。

GPSモデル 通信会社関係なし

Apple Watch GPSモデルは基本的にキャリアフリーです。

これは、単体での携帯電話サービスを必要としないため、特定の通信キャリアとの契約に依存しないということです。

GPSモデルはiPhoneとBluetoothやWi-Fiを介して接続し、その接続を通じて通話やメッセージング、データサービスを利用します。

この接続性のシンプルさは、多くのユーザーにとって大きな利点となります。

セルラーモデルのキャリアオプション

一方、Apple Watch セルラーモデルは、独立した携帯電話機能を持っており、特定の対応キャリアとの契約が必要です。

ユーザーは利用可能なキャリアからプラン選択を行い、月額料金を支払うことによって、iPhoneが近くになくても通話やデータ通信ができるようになります。

これにより、Apple Watch単体で完全に機能するため、外出時でも常に接続された状態を保つことができます。

セルラーモデルを選ぶ際は、対応するキャリアのオプションとプランを慎重に比較し、自分の生活スタイルや通信ニーズに合った最良の選択をすることが求められます。

スクリーンに触らずに、マジックのようにApple Watchを操作する新しい方法。2倍明るいディスプレイ。

Apple Watchのモデルについてよくある質問

Apple Watch GPSモデルをCellular機能を追加できますか?

GPSモデルからCellular機能は追加できません。
Apple Watchを買い替えるしかありません。

Apple Watchのセルラーモデルは、すべてのキャリアで利用可能ですか?

Apple Watchの通信契約はキャリアのみの提供です。

Apple Watchのバッテリー寿命はモデルによって異なりますか?

バッテリー寿命は使用するモデルとアクティビティによって異なります。
セルラーモデルでは独立したデータ通信を行うため、より多くのバッテリーを消費する可能性があります。

Apple Watch Cellularモデルは契約しないと、どうなりますか?

Apple Watch Cellularモデルは通信契約を結ばなくてもGPSモデルとして利用できます。

【まとめ】Apple Watch GPSモデルとCellularモデルの違い

Apple Watchを選ぶ際には、自分のライフスタイル、使用環境、予算に最適なモデルを選択することが重要です。

CellularモデルGPSモデル
独立した通信機能
Apple Watch単独通信
着信・通知を逃したくない
通信契約を結ぶ場合、毎月コストがかかる
iPhoneの電源が切れても着信できる

Apple Watch本体が安い
ランニングコスト0円
iPhone・Wi-Fiを介して通信
月額:0円
iPhoneの通知・操作中心

GPSモデルはiPhoneの通知や操作をサポートするモデルでiPhoneを手元に置いておく人にオススメなApple Watchです。

一方CellularモデルはApple Watch単体で通信・通話ができる機能が装備されておりiPhoneが手元にない状況でも通話やデータ通信が可能です。

これには月額料金や特定のデータプランが必要になりますが、ランナーやビジネスパーソン、旅行好きなど、常に接続されていたいと考えるアクティブなユーザーにとっては大きな利点となります。

Apple Watch GPSモデルは購入後、Cellular機能を追加できないため購入時に検討する必要があります。

Apple Watchの特徴についてはApple Watchの種類と機能を紹介 生活が変化する機能満載で紹介しています。

Apple Watchでわからないことがあったらコメントしてね

スクリーンに触らずに、マジックのようにApple Watchを操作する新しい方法。2倍明るいディスプレイ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次