楽天モバイル テザリング 光回線・ 固定回線代わりにオススメ

自宅に光回線を導入したいけど、毎月の通信コストが上がるため申し込みには踏み切れない。

しかも、光回線は申し込んでから、回線工事期間を得ると開通まで3ヶ月以上かかるケースもあります。

動画の視聴やサイトの閲覧、ネットショッピングする程度ならスマホのテザリング機能がオススメ。

参考

テザリング機能はスマホをWi-Fiルーター代わりにしてネット接続する機能。

スマホのデータ通信料金で、インターネットに接続する事ができます。

テザリングにオススメな通信プラン

  楽天モバイル ahamo 大盛り docomo
月額 1,078円〜3,278円 2,970円/4,950円 3,278円〜7,315円
データ容量 3GB〜無制限 20GB/100GB 3GB〜無制限
メリット 使い放題で3,278円
  • 1回線でも定額
  •  ドコモ回線・エリア
  • 大盛りオプション+80GB途中追加可
無制限
デメリット 電波が不安定 高速通信最大100GBまで 1回線契約では高額
  詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ

安定したテザリング通信を求めるなら、ahamoやdocomoがオススメです。

楽天モバイルの電波が生活エリア内に入るなら楽天モバイルがお得です

楽天モバイルはデータ無制限でも3,278円とMNOの中で最安プラン。

本記事では楽天モバイルを活用してコスパ良くインターネットを接続する方法をご紹介します。

Rakuten最強プランがオススメな理由についの解説はこちらからジャンプできます。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

目次

光回線について

光回線のメリットは、高速通信で安定したデータ通信ができるメリットがあります。

家族や会社、店舗など複数人がネット接続するなら光回線がオススメ。

安定したデータ通信ができるデータ通信を提供している反面光回線のデメリットを紹介します。

光回線のデメリット
  • 申し込んでから開通するまで1ヶ月以上かかることも
  • 撤去工事費用、解約違約金が発生
  • 毎月の固定費が5,000円以上
  • 引越しなどの手続きが面倒
  • 1人暮らしで利用するには割高

申し込みから開通まで1ヶ月ほどかかる

光回線に申し込んから開通するまでに1ヶ月程度かかります。

光回線開通までの流れ

  • 光回線申し込み
  • 電線から自宅に回線を開通
  • 自宅内の回線工事
  • 開通

工事業者の混み具合によりますが1ヶ月以上発生するケースがあります。

撤去工事費用・解約違約金が発生

NURO光を一例に光回線の解約違約金と工事費用を解説。

光回線は初期費用無料やキャッシュバック、1年間無料などのキャンペーンを開催して申込のハードルを下げています。

光回線の申込キャンペーン

  • 工事費実質無料
  • 1年間無料 or 980円等
  • キャッシュバック

光回線の申込キャンペーンの概要

楽天ひかりNUOR光BIGLOBE光
基本工事費16,500円44,000円
※37ヶ月利用で実質無料
7,600~18,000円
※36ヶ月利用で実質無料
ルーター自己購入無料1年間:無料
13ヶ月目以降:550円/月
事務手数料1,800円3,3000円
※申し込み特典で無料
1,100円〜3,300円
月額料金(戸建)4,800円5,200円4,980円
月額料金(マンション)3,800円2,090円〜2,750円4,378円
キャンペーン1年間/2,000円引き980円/1年間45,000円キャッシュバック
or
1年間 月額料金980円
解約違約金1ヶ月分
更新月から3ヶ月は無料
3,740円〜
更新月から3ヶ月は無料
2,000円
更新月から3ヶ月は無料
撤去工事費用0円〜0円〜0円〜
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

注意が必要な項目は、解約時に解約違約金と光回線設備の撤去工事費用と初期工事費用の残債が請求される場合があります。

更新月に解約すれば解約違約金は発生しません。

光回線の乗り換えは光回線会社が解約違約金、撤去費用を負担してくれるケースもあります。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

コンセントを挿すだけの5Gホームルーター

最近では通信会社各社、コンセントに挿するだけでネットが繋がるホームルーターも人気。

サービス名docomo HOME 5GWiMAX 5G ルーターSoftBank Air
初期費用3,300円3,300円3,300円
端末代金39,600円19,920円71,280円
月額料金4,950円4,191円〜4,928円10,450円
解約違約金0円0円〜20,900円10,450円
10,450円詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5Gエリア内であれば光回線よりも速い5Gホームルーター。

5Gエリア外では4G通信(スマホと同じ通信速度)になります。

ホームルータのデメリット

ホームルーター5Gのデメリットをご紹介します。

2022年4月の時点で人口カバー率90%ソフトバンク。

5G対応エリアでも実際には5Gで通信できないエリアもあるので5Gホームルーターの導入はまだ早いと考えます。

]ホームルーターののデメリット
  • ルータの分割払い中に解約すると残債が一括請求
  • 契約更新月から3ヶ月以外での解約は解約違約金が発生。
  • 5G対応エリア外はスマホの4G回線と同じ速度

ルーター本体料金支払い未完了時点での解約は一括請求

ホームルータを申し込み時にルータを一括購入か分割購入を選択。

ホームルーター5Gの例

ホームルーター5G 本体価格:39,600円

  • 1,100円 * 36回払い
  • -1,100円 * 36回月々サポート

※一括購入した場合、36ヶ月-1,100円割引

36回払いでホームルーター5Gを途中解約した場合、ホームルーターの残債が一括請求されます。

契約更新月以外での解約は解約違約金が発生

WiMAX 5GとSoftBank Airは更新月含めて3ヶ月以内に解約を申し出ないと解約違約金が発生します。

  • SoftBank Air: 24ヶ月目〜26ヶ月目以外での解約違約金は10,450円
  • WIMAX 5G:契約形態により変動 最大28,050円
  • ホームルーター5G:解約違約金0円

5G対応エリア外はスマホの4G回線と同じ速度

5G対応エリア外の通信速度はスマホと同じ4Gになります。

4G速度のために複数台のパソコンやスマホが接続されると10Mbps以下での通信速度に落ちます。

5G対応エリアにお住まいの方は、ホームルーターをオススメできますが5G非対応エリアの方には、このあと紹介するスマホのテザリングの方がコスパが良いです。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

Rakuten UN-LIMITが光回線・固定回線代わりにオススメな理由

docomoやau、SoftBankをはじめサブブランドのUQmobile、Y!mobileなどもテザリング通信が可能。

パソコンでテザリング通信をするとデータを大量に消費してしまいます。

テザリング通信を使用するなら完全使い放題プランが用意されているdocomo、au、SoftBank、Rakuten UN-LIMITがオススメ。

完全使い放題でも月額最大3,278円のRakuten UN-LIMITがオススメになります。

Rakuten UN-LIMITがオススメな理由。

  • 月額料金が3,278円でデータ使い放題
  • 使っているスマホがルーター代わり
  • 解約違約金や期間の縛りがない
  • 引越ししても工事手続き不要

テザリングは、スマホを介してパソコンとネット接続する事ができる機能。

WIMAXやポケットWi-Fi の機能がスマホでも使える

楽天最強プラン Wi-Fiルーターの特徴

  • スマホと比較して接続台数が多い
  • スマホとは別だからバッテリー持ちがいい

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

Rakuten UN-LIMIT データ使い放題で最大月額3,278円

docomo、au、SoftBankのデータ使い放題プランは、7,238円〜7,315円。

docomo、au、SoftBank最安割引価格4,928円が適用されるには、光回線の加入や家族3人以上の加入が必須。

TIGER
光回線に加入して自宅でテザリングをする意味がないね…
データ Rakuten UN-Limit docomo au SoftBank
無制限 割引前 3,278円

7,315円 7,238円 7,238円
割引適用 4,928円 4,928円 4,928円

そこでオススメする通信プランが Rakuten UN-LIMIT

Rakuten UN-LIMITの月額料金は1GBまでのデータ通信は0円でデータ使い放題でも最大3,278円。

データの使用量に応じて月額料金が変動するからデータ通信を使用しない月は月額3,278円以下で抑えられる。

楽天最強プラン 料金プラン
1GB〜20GB20GB〜
月額料金1,078円2,178円3,278円
通話料金30秒/22円
15分かけ放題1,100円

Rakuten UN-LIMITのデータ通信量にはスマホ、テザリングの通信量が込み。

TIGER
Wi-FiルーターやポケットWi-Fiがなくてもパソコンでネット接続ができるってことだね!
TIGER
Rakuten UN-LIMIT には、オプション割もないから1人で契約しても月額料金は同じ

光回線 + スマホ 月額料金 シュミレーション

光回線 + スマホ料金

月額通信料金:7,950円 = BIGLOBE光:4,980円 + ahamo:2,970円

Rakuten UN-LIMIT 月額料金シュミレーション

Rakuten UN-LIMIT月額料金シュミレーション

月額通信料金:3,298円 = Rakuten UN-LIMIT :最大3,278円

光回線 + スマホ料金の利用で約7,950円がRakuten UN-LIMITを導入するだけで3.278円。

光回線  + スマホ → Rakuten UN-LIMIT: 年間56,064円の節約

docomoデータ使い放題 → Rakuten UN-LIMIT: 年間48,444円の節約

Rakuten UN-LIMIT スマホがWi-Fiルーター代わり

2022年4月現在販売されている多くのスマホにテザリング機能が搭載されています。

Rakuten UN-LIMITの5G対応エリア拡大については公表されていないため2022年時点で5G対応スマホは必須ではありません。

これからRakuten UN-LIMITと合わせてスマホの購入を検討している方は、5G対応のスマホがオススメ。

5G対応スマホがオススメな理由

  • 1台のスマホで2回線通信できるデュアルSIMで使用
  • 5G対応になったら光回線より速い通信速度

Rakuten UN-LIMITの4G人口カバー率が2年で96%まで拡大された実績から5Gエリアの拡大も急速な5G対応エリア拡大も考えられます。

Rakuten UN-LIMITが5G通信に対応すれば月額料金3,278円で高速通信ができる。。

Rakuten UN-LIMITと合わせて購入出来る5G対応のスマホをご紹介。

楽天モバイル固定回線代わりスマホ/Wi-Fi
機種名 iPhone13 mini Rakuten Hand 5G OPPO Reno5 A AQUOS sense6
販売価格 78,400円〜 39,800円 39,980円 39,800円
最大楽天ポイント還元 35,000ポイント 30,000ポイント 30,000ポイント 25,000ポイント
通信形式 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G
  デュアルSIM対応
(eSIM & nanoSIM)
スマホ&テザリング
デュアルSIM対応
(eSIM * 2)
スマホ & テザリング
デュアルSIM対応
(nanoSIM * 2)
スマホ & テザリング
デュアルSIM対応
(eSIM & nanoSIM)
スマホ&テザリング

スマホをルーターにするメリット【1台のスマホに2回線】

Rakuten UN-LIMIT回線のスマホを1台でもスマホと固定回線代わりとして十分に機能を果たしすます。

スマホの便利な使い方として1台のスマホに2回線のSIMを書き込むデュアル通信がオススメです。

デュアル通信のココがポイント

  • Rakuten UN-LIMITの通話オプションが不十分
  • 通信障害が発生した時、回線を切り替えて使用する

Rakuten UN-LIMITの通話料金は30秒/22円、かけ放題オプションは1通話10分/1,100円と不十分。

Rakuten UN-LIMITの専用電話アプリRakuten LINKは追加料金なしで完全かけ放題と使い方次第では通話料金も0円で抑えられます。

しかし、Rakuten LINKのデータ通信が弱いエリアでは通話が途切れたり、繋がらなかったりします。

Wi-Fi接続した状態でRakuten LINKから発信すると着信相手には非通知で通知されるので注意が必要です。

通話が弱いRakuten UN-LIMITを補うためにデュアル通信の1回線に完全かけ放題のSIMの使用がオススメになります。

  • データ通信;Rakuten最強プラン
  • 通話;IIJmio

IIJmioがオススメ

基本月額料金:2,250円  料金:2GB/850円 + 完全かけ放題/1,400円

通話料金:30秒/11円

月額料金:5,528円 楽天最強プラン;3,278円 + IIjmio:2,250円

月額5,528円でデータ使い放題 + 完全かけ放題のプランが完成です。

※Rakuten最強プランの料金プランは使用データ量に応じて料金が変動します。
※Rakuten最強プランとIIJmioを合わせた一例の料金です。

\eSIMにも対応した通信プラン/

デュアルSIMのここに注意

  • バッテリーの消費が若干早くなる
  • 通信固定費が上がる。

Rakuten UN-LIMIT スマホ・テザリング通信速度速度について

Rakuten UN-LIMITは4G/5Gに対応。

5G対応エリアについて都内でもスポット的なため2022年4月現在のRakuten UN-LIMITは4G回線が主となります。

テザリングのデータ通信速度は光回線と比較すると低速なため複数人での同時接続には不向き。

Rakuten最強プラン 他社との速度比較

Rakuten最強プランとdocomo・auの速度を比較してみましした。

楽天最強プランdocomoau
下り速度47Mbps66Mbps29Mbps

4G回線であればRakuten UN-LIMITとdocomo、au系の速度の差はなし。

問題なくデータ通信できています。

Rakuten UN-LIMIT テザリング通信速度

4G通信でRakuten UN-LIMITのテザリングとMacで速度測定。

  • 使用回線:Rakuten UN-LIMIT
  • 測定値:関東郊外
  • 回線:4G
  • 使用スマホ:iPhone13
  • 使用PC:Mac

iPhoneの時計部が緑に、Macのメニューバーに鎖マークの表示でテザリング接続が確認できます

Windowsの場合は、スマホ【インターネット共有】【ポータブルスポット】に表示されているデバイス名とパスワードをWi-Fiで接続に入力すればテザリング接続ができます。

  • 使用回線:Rakuten UN-LIMIT
  • 測定値:関東郊外
  • 回線:4G
  • 使用スマホ:iPhone13
  • 使用PC:Mac

速度測定はスマホ、テザリング測定共に50Mbps

テザリング接続したMacでYouTubeを再生したところ解像度1080p(HD)でも途切れることなく再生することができました。

基地局の関係や通信状況、建物内によって通信速度に影響されます。

オンラインゲームなど常時ネット接続が求められる環境にはテザリングは不向き。

大量なデータ通信や動画のアップロード、オンラインゲームをするなら光回線や固定回線がオススメになります。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

5G回線の速度は光回線以上

5G回線の人口カバー率はほぼ皆無と考えられるRakuten UN-LIMIT。

環境によって5G回線の下り通信速度は、光回線以上の速度になります。

秋葉原駅前で5G、au回線の速度を測定したところ870Mbpsと光回線の2倍以上の速度。

  au回線 NURO光
 
下り速度 870Mbps 380Mbps
上り速度 38Mbps 300Mbps

docomo、au、SoftBankの5G人口カバー率は高いけどデータ使い放題でも7,000円以上(割引適用前)

Rakuten UN-LIMITの5G回線が全国的に普及普及すれば光回線は完全に不要になります

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

Rakuten UN-LIMIT 初期費用、解約違約金がなし

Rakuten UN-LIMITの申し込みのコストについては月額料金と通話料金だけ。

手数料なし

  • 初期費用
  • 事務手数料MNP手数料
  • 解約違約金

契約期間の縛りもありません。

他社からRakuten UN-LIMITに乗り換えて見たけど通信状況が良くないから他社へ乗り換えしても解約違約金は発生しません。

ここに注意

Rakuten UN-LIMITを申し込むとポイント還元があります。

ポイント還元、スマホの転売目的でRakuten UN-LIMITに申し込むとブラックリスト入りする恐れがあります。

ポイント還元目的での申し込みはNG。

スマホだから移転工事の必要はなし

光回線や固定回線を契約中に引越しするとなると工事手続きが必要になります。

分割払いで支払っていた工事費用も一括で請求が来る可能性があります。

Rakuten UN-LIMITはスマホのテザリングでネット接続するから工事の必要もありません。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

Rakuten UN-LIMITⅥ 対応エリア

2022年4月時点、Rakuten UN-LIMITⅥ 4G人口カバー率96%。

5対応エリアについては未公開。

楽天回線エリアのマップから予測すると人口カバー率10%も満たされていないと予測されます。

2022年4月現在、国内では5G通信は利用できないと考えてください。

橙色部分が5Gエリア

楽天回線エリアを確認

2020年4月に開始されたRakuten UN-LIMIT。

2年で4G回線の人口カバー率96%まで拡大されたことを考えると5Gエリアも2年後には国内を網羅されると考えられます。

4G回線についてはdocomo、au、SoftBankと変わらない回線エリアと変わりません。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

楽天モバイル 光回線・固定回線代わり テザリング注意点

ココに注意

  • 5G通信は使えないと考えて
  • 1日/10GB超当日は、速度制限3Mbps
  • 180日未使用で利用解除、利用停止の可能性
  • 無料電話アプリRakuten LINKは通話不安定
  • バッテリーの消耗が激しい

楽天モバイル 5G回線は2022年段階では使用は限られる

2022年4月現在、5G通信は都心部でも限られたエリアになります。

楽天モバイルでは5G対応のスマホは取り扱いはあるけどWi-Fiルータの取り扱いはなし。

Rakuten UN-LIMITで5Gルータを使用するならAmazonやメーカー直販での購入になります。

created by Rinker
au(エーユー)
¥21,000 (2024/06/17 13:22:57時点 Amazon調べ-詳細)

2022年4月時点で5G人口カバー率90%と発表しているSoftBankでも5Gの速度が出るエリアは限られています。

5G通信対応までは2、3年ごと予想されます。

はてな

5Gでデータ通信をすると4Gでデータ通信した量の2.5倍程消費します。

5G通信するならデータ使い放題以外のプランはオススメできません。

1日/10GB超当日は、速度制限3Mbps

Rakuten UN-LIMITで1日10GB以上のデータ通信をすると当日は通信速度制限がかけられてしまいます。

動画や大容量ファイルのダウンロード、アップロード、オンラインゲームなど常時接続しない限りは10GB超す事は考えられません。

オンラインゲームや大量にデータ送受信をするなら光回線の導入を検討して見てはいかがでしょうか。

Rakuten UN-LIMIT 180日間利用しないと利用停止・自動解約に注意

1GBまでのデータ通信が無料のRakuten UN-LIMIT。

Rakteun UN-LIMITを契約して180日間データ通信の使用歴がないと利用停止、強制解約になる場合があります。

180日間未使用での強制解約の場合、楽天モバイルのブラックリスト入りになる可能性も考えられます。

ポイント還元目的の申し込みはオススメは致しません。

バッテリーの消耗が激しい

スマホのテザリング機能を使用すると通信量とWi-Fi代わりと電力消費が激しくなります。

バッテリーの消費も激しくなるデメリットがあります。

常時使っているとスマホのバッテリーの寿命も短無くなるためスマホのバッテリー交換、機種変更のサイクルが短くなると考えられます。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

まとめ【Rakuten最強プラン】 光回線・固定回線代わりにオススメ

たまにパソコンでネットを利用する程度であれば、「Rakuten 最強プラン」のテザリングで十分です。

Rakuten最強プランはスマホ、テザリング共にどれだけ使っても最大3,278円。

  • 動画視聴
  • オンライン会議
  • テザリング

他社では30GBのテザリングの制限、スマホの通信では200GBを超過すると速度制限がかかる通信会社もあります。

Rakuten最強プランでは公式に使用データ量での速度制限はありません。

※非公表ですが楽天モバイルでは、1日の通信量が10GB超えると翌日まで速度制限がかかるとの噂があります。

ポケットWi-Fiや光回線を契約している人は、楽天モバイルのテザリングも含めて試して見てはいかがでしょうか。

Rakuten最強プランの特徴は【楽天モバイル】 Rakuten最強プラン 人口カバー率99% デメリットはある?で解説しています。

\楽天モバイル はじめての利用で20,000ポイント/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次